【愛されたい、必要とされたい、寂しいという心理】孤独で不安を感じている人へ

2019年12月11日

【愛されたい、必要とされたい、寂しいという心理】孤独で不安を感じている人へ

この記事を読んだあなたは「誰かに愛されたい」と思っているかもしれません。今日はそんなときに役立つかもしれない、いくつかのアイディアをご紹介できたらと思います。この記事が誰かの素敵な愛につながると嬉しいです。

早速ですが、私たちは「誰かに愛されたい」と思っています。でも一体それは誰なんでしょうか…?

誰かに愛されたいという心理

実はこの「愛されたい」「必要とされたい」「寂しい」といった心理になる人にはある共通点があることが多いです。それは「自分で自分を愛せていない人」です。また、「自分のことが嫌いな人」「自分に自信がない人」は特にこういった気持ちに陥りやすい傾向があるように思います。

「自己肯定感」とも言いますが、自分で自分を肯定することが出来ない人の多くは寂しさや孤独感を感じ、その代替えとして、他者からの愛情を求めようとします。ここで一つ目のアイディアをお伝えすると、実は「誰かに愛されたい」の「誰か」の一番優先すべき人は「自分自身」なのではないかというお話です。

なぜなら、もしあなたが孤独感を抱えていて、それを消したいと思っていたとしても、その穴を他人で埋めてもその感情はなくなりません。寂しくて、誰かに必要とされたいと思い、他者に依存してしまうということはよくあることですが、それは解決方法ではありません。

本来、人間は孤独な生き物です。それを受け入れ、自分で自分を愛することができなければ、この憂鬱は一生ついて回るでしょう。世の中には寂しさや孤独感をダミーのすり替えとして、恋人に求めたり、自傷行為でおぎなったり、あるいは他者やアルコール、タバコへの依存で補おうとする方法がありますが、どれも良いやり方とは言えません。なぜなら、もっとも本質的に孤独を愛せるのは自分だけだからです。

さて、そういった話も踏まえた上で、もうひとつ確認しておきたい大切なお話は、もしあなたがあなたを好きになれないのであっても、それはあなたが劣っているとか醜いとかそういったことではありません。それは単純に、あなたが育ってきた環境が良くなかったというだけです。あなたは何も悪くないのです。

もしかするとこういった話を聞いて、「悪いことを人のせいにしたり、ましてや家族や家庭環境のせいにするなんてありえない!」と思うかもしれません。しかし自己肯定感の多くは、幼少期の家庭環境に依存しています。もしあなたが自分のことを嫌いだったり、自分はダメだと思うのであれば、それは家族からの愛情が不足していたということになるでしょう。

あなたはあなたのまま生きて良くてあなたは存在していること自体に価値があるのです。

しかし、もしかすると今あなたはそう考えることが難しいかもしれません。それでも手の打ちようはあります。あなたは既に大人になり、理性的な思考回路を身に付けています。感情だけに流れない方法があることも知っています。つまり、自分は自己肯定感が低いと理解することで次の段階に進むことができるからです。

まずは自分を愛する勇気を

もし自分の自己肯定感が低いと感じたのであれば、あなたに必要なのは自分という存在を認めて愛してあげることです。自分の嫌いなところもあるでしょう、弱い自分も知っています。愛されたい、寂しい、孤独感を持つ自分も認めてあげる必要があります。

たとえば、あなたは何かを頑張ったとき、あなたは自分のことが好きになっているはずです。みんな頑張った自分が好きですから。深呼吸をしてゆっくり自分の愛すべきところ、好きな所を考えてみてください。もし見つからないと思ったなら、ひとつあなたの素敵なところを教えます。あなたは今変わろうとしています。それはあなたのかけがえのない素敵なところです。

人はいつでも、誰かに認めて欲しいと思っています。いわゆる承認欲求です。これはとても自然な欲求ですので、それを満たしたいと思うことは何ら不思議なことでも恥ずかしいことでもありません。そんなとき、周りに誰かいなくても、まずは自分で自分をきちんと認めて褒めてあげてくださいこれはとてもとても大切な作業です。あなたの評価はあなたが決めて良いのです。判断基準を他者に委ねる前に、あなたがあなたを認めて、愛してあげることは本当に大切なことです。

少しだけ時間をかけて、ゆっくりと自分と対話するのです。お風呂の中でリラックスしているときや、呼吸を深くして瞑想などをしながら自分と対話するのも良いでしょう。あなたはあなた自身をいたわり、愛し、励ましてあげてください。それが愛への第一歩です。

その愛を誰かへ

もしあなたが自分自身を愛することが出来るようになったなら、その愛情やいたわり、励ましを他の人にもしてあげましょう。あなたは誰かからその感情を貰いたいと思っているかもしれません。ですが次のアイディアをお話しすると、《あなたが他の誰かに「本当に」愛されるためにはあなたが先に愛さなければなりません。》

ここで述べているのは真実の愛です。こういう書き方をすると「なんだそりゃ」と思う方もいるかもしれません。しかし、誰かに心から愛されるということは、あなたが誰かを心から愛することと殆ど同じ意味です。そしてあなたがその世界に行きたいのであれば、それはあなたからスタートするべきなのです。

誰かに心を開いて、自分の醜い部分や自分でも嫌いな部分をさらけ出すこと、そして相手を素直に信じ、愛すること。これにどれほど沢山の勇気が必要かわかりません。しかし世の中は、リスクを全く取らずに素敵なものを享受できるほど甘くはありません。

難しさもあるかもしれません。でもどうか、勇気を出して誰かを愛してくださいこれは相手に依存することとは違います。自分が自立した状態で、自分を認めて、愛して、その上で相手にも肯定感を与える言動をしてあげることです。

まずは自分自身。そして次はあなたの周りにいる人。そうすればあなたは愛の循環の中で生きることが出来るようになると思います。

もし愛について悩んでいる方がいるのであればエーリヒフロムの「愛するということ」という本をオススメします。愛について私の考え方の中心に来ている本でとても衝撃を受けた一冊です。

難しいこともあるかもしれませんが、きっとあなたの世界が愛で満たされますように!

《はてなブックマークをお願いします!》

このエントリーをはてなブックマークに追加