カールスルーエ音楽大学の受験申込内容【リート科】

カールスルーエ音楽大学

Herzlichen Willkommen!! どうも、Torayoshiです。今日は昨日のリューベック音楽大学に引き続き、カールスルーエ音楽大学の受験申込内容についてまとめました。受験の申し込み締め切りは12/1試験期間は2/12~17となっています。そうなんです。リューベック音楽大学とかぶる可能性があるのです。まぁそれでも両方受けれたラッキーなので申し込みすることにしました。また、外国からの在学生は学ぶ科目によっても違うのですが、例えばリート科はゼメスター毎に700€が必要です。もし無料で学びたい人には受験をお勧めしません。カールスルーエ音楽大学は日本の声楽界には馴染みのある学校です。というのも、この大学には世界的なリート歌手であるメゾソプラノの白井光子さんがいらっしゃるからです!元夫であるハルトムート・ヘルさんも、この世界ではめちゃくちゃ有名人です。私は以前に渋谷の白寿ホールで行われたマスタークラスへ聴講へ行ったことがありますが、とても勉強になる時間でした。また、東京音大時代に同じくメゾソプラノである藤井奈生子先生に師事していた期間があるのですが、その藤井先生が学んだのがこのカールスルーエ音楽大学でもあるのでした。実は語学要件的にまだ受けれるのがどうか微妙な感じなのですが、ダメ元でも申し込むことにしました。受けたいんです!

受験に必要な書類

  • 申込書(ここからダウンロード
  • 履歴書
  • 証明写真
  • 最終学歴の卒業証明書のコピー
  • 最終学歴の成績証明書のコピー
  • 受験料(50€)の支払い証明書
  • 語学証明書(歌の領域の応募者はB2)
  • 返信用封筒(1.45€の切手を貼ったもの、A4サイズ)

入学試験に必要な課題

  • 4つの時代区分から、リート・オラトリオ・アリアから10曲。最低1曲は1950年以降に作曲された現代曲。すべて原語による演奏で、少なくとも3つの原語を含めること。(オラトリオ以外は暗譜。)
  • 事前に準備されたドイツ語の詩、または散文の朗読。

ということで、なかなか指定の細かい課題ですが、割とどこの大学の入試も現代曲を入れるのは当たり前になってきているので問題ないかと思います。問題は詩の朗読です。あとはドイツ語の語学証明書ですが、カールスルーエ音楽大学のドイツ語の要件は、専攻にとって異なります。歌の領域はB2でそれ以外はB1です。歌の人に厳しい…。リューベック音楽大学と受験日がかぶらないことを祈ります!それではまた次回!!Bis Bald~!!

※ここに掲載されている情報は2017年月日時点での情報を個人的にまとめたものです。入試内容は毎年変わりますし、私の調べた情報が間違っていることもあります。この情報は必ず参考程度に考えて、受験を考えている方は必ず自分で責任を持って調べて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*