【歌はあくび?鼻腔共鳴を増やして響かせる!】ボイトレ,発声

歌はあくび?鼻腔共鳴を増やして響かせる!

今回お話する内容は「あくびをして鼻腔共鳴を増やして響かせる!」というお話です。まずは先に「鼻腔共鳴」というのがなんなのかについて理解していきましょう。下の図をご覧ください!

この図は人体を横からとった断面図ですが、もう一目瞭然で鼻腔の空間がもっとも広いことが分かります。歌では「声を響かせる」ことによって、いわゆる「歌声」「美しい声」というものを探求していきます。「響く」ということは「空間に音を鳴らして響かせている」というイメージです。

お風呂場だったり教会だったり、響くスペース(場所・空間)に音を出して響かせます。人体の中で言えば、図にある「声門」と呼ばれるところから「声(音)」が作り出されて、それが「どこを通って身体の外に出るのか、どこを響かせてから身体の外に出るのか」で声と言うものが変わってきます。そこで、歌う時には鼻腔を十分に響かせる(鼻腔共鳴)させることによって、声を普段の声(地声)とは違ったもの、つまり「歌声」にしていきます。この鼻腔共鳴といったことは「ボイスポジション」とも関係があります。ボイスポジションというのは、「どこから息がでるのか」という「声の出口」のお話です。

あくびのメソード

「歌う時はあくびのような口で!」と言われたことのある方も多いかもしれません。発声練習の曲には「あくびの歌」というものもあって、「あくびが出るよ~あぁあぁあ~♪」と歌ったりします。

実はこの「あくび」というメソードはプロも実践している非常に優れた方法です。あくびには大別して3つのメリットがあります。それは、

  1. 口の中の空間を広げる
  2. 深い呼吸でリラックスすることができる
  3. 喉が下に落ちる

まず最初の「口の中の空間を広げる」というのはそのままの意味です。これは歌の世界で「あける」という言い方をしますが、歌では口の中の空間、あるいは先ほどお話した鼻腔空間を広げておく必要があります。またこれは軟口蓋と呼ばれる周辺を拡げる感覚とも似ています。

次のメリットは「深い呼吸でリラックスすることができる」ということです。あくびをするときに身体を固めて、息を止めて行うことはまず不可能です。人はあくびをするとき、非常にリラックスした状態で息を流しながら行います。この「リラックスした身体」と「息を止めない」という状態は歌唱にとてもよい影響を与えます。

最後に「喉が下に落ちる」というメリットです。歌うときの発声において、喉が高い位置にあるのはあまり良いこととはされていません。もちろん、音色の関係で薄い声を使いたいときには意図的に喉を上げるというテクニックがありますが、基本的には「喉は下に落ちている方が発声にとってBetterです。」そのため、この「あくび」を使うことで、喉を下に落としながら声をよくすることが可能です。



実践方法

では実践方法についてです。歌の中でこのメソードをどうやってやるのかといえば、それは「ブレスをするときにあくびのような口で吸うことを意識する」ということになります。

歌の発声では「声を出す前の準備」が一番大切です。出してしまった後に声を変えることはできません。それであれば、「声を出す前に良い声を出す」ということが必要不可欠なのです!そのための準備の一つがこの「あくび」であると言えます。鼻腔の空間を広げて、軟口蓋(喉)もあけて、喉を落とす。そしてたっぷりと息を吸う。こんなに沢山のメリットを一気に得られるのですから、使わない手はありません。

この内容についてはYoutubeでもお話しているので、もしよければ参考にしてみてください!(関連動画:ボイトレ【プロも使う歌の王道メソードと歌に適した息の種類】〈Lesson5〉

それでは「あくび」のメソードで素敵な歌を歌ってください!最後まで読んでくださりありがとうございました!<m(__)m>


※もし記事を読んでみて、「この人からレッスンを受けてみたい!」という方や、今回の記事が基礎的な内容だったので、「もっともっと深い内容について知りたい!」という方がいれば下記の問い合わせフォームからご連絡ください。

追って具体的なレッスンや内容についてご連絡致します。基本的にはミュージックスクール等でのレッスンよりもリーズナブルにご案内できます。問い合わせの際に、疑問点や、今悩んでいる声のこと等をご記入頂けるとありがたいです。

クラシックはもちろん、J-Pop、洋楽も指導致します。個人だけではなく、合唱団等での基礎的なレッスンも大歓迎です。またオンラインレッスンで声の診断なども行っています!それでは、皆さんの人生が音楽でより豊かになることを!Enjoy music!!