㉗ドイツ語の接続法2式・非現実(Ich würde~、~できたらなぁ。)基礎編【恋するドイツ語】

2019年12月17日

㉗ドイツ語の接続法2式・非現実(Ich würde~、~できたらなぁ。)基礎編【恋するドイツ語】

Herzlich Willkommen!!どうも、Torayoshi(@moritora810)こと森善虎です。今回はドイツ語の接続法2式・非現実についてです。

この表現を覚えると、かなりドイツ語の中級~上級者に差し掛かった感じがします。まず意味として確認したいことは、この接続法2式は「非現実」を表現します。

つまり想像、あるいは妄想です!意味的には「もし~だったら~する(できる)んだけどなぁ。」のような感じです。英語のIf構文に近い所があります。難しいところも少しだけありますが、是非マスターしてどんどん使いましょう!

早速ですが、今回のテーマである接続法2式の基本的な使い方は、

【Wenn+主語+目的語+接続法2式, 接続法2式+主語+目的語+動詞の原形

という使い方です。繰り返しになりますが、意味はもし~だったら、~する(できる)のになぁ。というような、非現実について表現する仮定法的な意味合いが強いです。Wennがなくても使えますが、それは次回の応用編で取り扱います。

さて、接続法2式で覚える単語は「sein, haben,werden,können,mögen,müssen,dürfen,wollen,sollen」の9つだけです。そのうち2つ、sollenとwollenは直接法過去と形が同じです!次に活用と例文を見ていきましょう!

接続法2式に使う動詞の活用形一覧

主語 seinの接続法2式
ich wäre
du wär(e)st
er/sie/es wäre
wir wären
ihr wäret
sie/Sie wären
主語

habenの接続法2式

ich hätte
du hättest
er/sie/es hätte
wir hätten
ihr hättet
sie/Sie hätten
主語 mögenの接続法2式
ich möchte
du möchtest
er/sie/es möchte
wir möchten
ihr möchtet
sie/Sie möchten
主語 müssenの接続法2式
ich müsste
du müsstet
er/sie/es müsste
wir müssten
ihr müsstet
sie/Sie müssten
主語 könnenの接続法2式
ich könnte
du könntest
er/sie/es könnte
wir könnten
ihr könntet
sie/Sie könnten
主語 dürfenの接続法2式
ich dürfte
du dürftest
er/sie/es dürfte
wir dürften
ihr dürftet
sie/Sie dürften
主語 wolllenの接続法2式
ich wollte
du wolltest
er/sie/es wollte
wir wollten
ihr wolltet
sie/Sie wollten
主語 sollenの接続法2式
ich sollte
du solltest
er/sie/es sollte
wir sollten
ihr solltet
sie/Sie sollten
主語 werdenの接続法2式
ich würde
du würdest
er/sie/es würde
wir würden
ihr würdet
sie/Sie würden


表は必ず主語と一緒に発音して勉強するようにしてください!耳と口で覚えた方がドイツ語は早く覚えます!それでは早速例文で見ていきましょう!

  • Wenn ich mehr Geld hättekönnte ich ein Haus kaufen./私がもっとお金を持っていたら、家を買えるのになぁ。(今は持っていない。)
  • Wenn ich mehr Zeit hätte, könnte ich nach Deutschland fliegen./私にもっと時間があったら、ドイツへ行くことが出来るのになぁ。(今は時間がない。)
  • Wenn Japan noch näher wärewürde ich öfter hin und zurück nach Deutschland kommen./日本がもっと近くにあったら、もっとドイツへ行ったり来たりするのになぁ。(実際には遠い。後ろの動詞könnteでも〇)

ということで、例文からも分かる通り、接続法2式では「非現実」を表現します。注目なのは、初めの方の、Wenn~の文章が条件部分(~な状態だったら)となっていて、その次の文章で出来ることだったり、したいことが来ます。

この順番はよく間違えることがあるので注意が必要です。念のため、この語順を入れ替えてしまった場合を例文で確認しておきます。

  • Wenn ich ein Haus kaufen könnte, hätte ich mehr Geld /私が家を買うことができたら、私は沢山お金をもっているのになぁ。(条件的な因果が成立しないので×)
  • Wenn ich öfter hin und zurück nach Japan kommen würde, wäre Japan noch näher. /ドイツへ行ったり来たりすることが出来たら、日本ははもっと近くにあるのになぁ。(ドイツへ行ったり来たり出来ても日本は近くならないので×)

次に文法的な注目ポイントは、後半の文章のスタートは必ず接続法2式を使うということです。そこには話法の助動詞(koennenとかmuessenとか)か、その意味が当てはまらずに一般動詞を使いたいときは「werden」の接続法二式の形を使って表現します。後半の文章のスタートが必ず動詞なのは、Wenn構文が副分でポジション①を取っているため、次の2番目に来るのが動詞だからです!

それから、この条件法の使い方では、文章の終わりは必ず動詞の原形がきます。次回の受動態として接続法二式の形を使う場合には過去分詞がきますが、それについては、下にある関連記事を確認してみてください!ということで、今日の【恋するドイツ語】はこちら!

  • Wenn ich gut Deutsch sprechen könnte, könnte ich einfach die Prüfung bestehen./もし私が上手にドイツ語が話せたら、簡単に試験を通るのになぁ。

次回も接続法2式についてです!それではまた!Bis bald~!

《はてなブックマークをお願いします!》

このエントリーをはてなブックマークに追加