ドイツ語

㉗ドイツ語の接続法2式・非現実(Ich würde~、~できたらなぁ。)基礎編【恋するドイツ語】

㉗ドイツ語の接続法2式・非現実(Ich würde~、~できたらなぁ。)基礎編【恋するドイツ語】

Herzlich Willkommen!!どうも、Torayoshi(@moritora810)こと森善虎です。今回はドイツ語の接続法2式・非現実についてです。

この表現を覚えると、かなりドイツ語の中級~上級者に差し掛かった感じがします。まず意味として確認したいことは、この接続法2式は「非現実」を表現します。

つまり想像、あるいは妄想です!意味的には「もし~だったら~する(できる)んだけどなぁ。」のような感じです。英語のIf構文に近い所があります。難しいところも少しだけありますが、是非マスターしてどんどん使いましょう!

ドイツ語接続法二式の基本的な文法

早速ですが、今回のテーマである接続法2式の基本的な使い方は、

【Wenn+主語+目的語+接続法2式, 接続法2式+主語+目的語+動詞の原形

という使い方です。繰り返しになりますが、意味はもし~だったら、~する(できる)のになぁ。というような、非現実について表現する仮定法的な意味合いが強いです。Wennがなくても使えますが、それは次回の応用編で取り扱います。

さて、接続法2式で覚える単語は「sein, haben,werden,können,mögen,müssen,dürfen,wollen,sollen」の9つだけです。そのうち2つ、sollenとwollenは直接法過去と形が同じです!次に活用と例文を見ていきましょう!

接続法2式に使う動詞の活用形一覧

主語seinの接続法2式
ichwäre
duwär(e)st
er/sie/eswäre
wirwären
ihrwäret
sie/Siewären
主語

habenの接続法2式

ichhätte
duhättest
er/sie/eshätte
wirhätten
ihrhättet
sie/Siehätten
主語mögenの接続法2式
ichmöchte
dumöchtest
er/sie/esmöchte
wirmöchten
ihrmöchtet
sie/Siemöchten
主語müssenの接続法2式
ichmüsste
dumüsstet
er/sie/esmüsste
wirmüssten
ihrmüsstet
sie/Siemüssten
主語könnenの接続法2式
ichkönnte
dukönntest
er/sie/eskönnte
wirkönnten
ihrkönntet
sie/Siekönnten
主語dürfenの接続法2式
ichdürfte
dudürftest
er/sie/esdürfte
wirdürften
ihrdürftet
sie/Sie dürften
主語wolllenの接続法2式
ichwollte
duwolltest
er/sie/eswollte
wirwollten
ihrwolltet
sie/Siewollten
主語sollenの接続法2式
ichsollte
dusolltest
er/sie/essollte
wirsollten
ihrsolltet
sie/Siesollten
主語werdenの接続法2式
ichwürde
duwürdest
er/sie/eswürde
wirwürden
ihrwürdet
sie/Siewürden


表は必ず主語と一緒に発音して勉強するようにしてください!耳と口で覚えた方がドイツ語は早く覚えます!それでは早速例文で見ていきましょう!

ドイツ語接続法二式の例文

  • Wenn ich mehr Geld hättekönnte ich ein Haus kaufen./私がもっとお金を持っていたら、家を買えるのになぁ。(今は持っていない。)
  • Wenn ich mehr Zeit hätte, könnte ich nach Deutschland fliegen./私にもっと時間があったら、ドイツへ行くことが出来るのになぁ。(今は時間がない。)
  • Wenn Japan noch näher wärewürde ich öfter hin und zurück nach Deutschland kommen./日本がもっと近くにあったら、もっとドイツへ行ったり来たりするのになぁ。(実際には遠い。後ろの動詞könnteでも〇)

ということで、例文からも分かる通り、接続法2式では「非現実」を表現します。注目なのは、初めの方の、Wenn~の文章が条件部分(~な状態だったら)となっていて、その次の文章で出来ることだったり、したいことが来ます。

この順番はよく間違えることがあるので注意が必要です。念のため、この語順を入れ替えてしまった場合を例文で確認しておきます。

  • Wenn ich ein Haus kaufen könnte, hätte ich mehr Geld /私が家を買うことができたら、私は沢山お金をもっているのになぁ。(条件的な因果が成立しないので×)
  • Wenn ich öfter hin und zurück nach Japan kommen würde, wäre Japan noch näher. /ドイツへ行ったり来たりすることが出来たら、日本ははもっと近くにあるのになぁ。(ドイツへ行ったり来たり出来ても日本は近くならないので×)

次に文法的な注目ポイントは、後半の文章のスタートは必ず接続法2式を使うということです。そこには話法の助動詞(koennenとかmuessenとか)か、その意味が当てはまらずに一般動詞を使いたいときは「werden」の接続法二式の形を使って表現します。後半の文章のスタートが必ず動詞なのは、Wenn構文が副分でポジション①を取っているため、次の2番目に来るのが動詞だからです!

それから、この条件法の使い方では、文章の終わりは必ず動詞の原形がきます。次回の受動態として接続法二式の形を使う場合には過去分詞がきますが、それについては、下にある関連記事を確認してみてください!ということで、今日の【恋するドイツ語】はこちら!

  • Wenn ich gut Deutsch sprechen könnte, könnte ich einfach die Prüfung bestehen./もし私が上手にドイツ語が話せたら、簡単に試験を通るのになぁ。

次回も接続法2式についてです!それではまた!Bis bald~!

㉘ドイツ語の接続法2式,非現実(Ich würde~,~できたらなぁ。)応用編【恋するドイツ語】

続きを見る

Youtubeチャンネル更新中!!

おすすめ記事



半年以内に読んで良かった本ランキング

半年以内に読んで良かった本をランキング形式でお届けします!気になった本があれば是非読んでみてください~!

サピエンス全史

歴史的名著。読む以外に選択肢がない。人類の歴史と現在と未来を明確に示してくれる一冊。

うつは食べ物が原因だった!

心の風邪と呼ばれ、社会問題ともなっているうつ病。実はうつ病は脳の栄養不足が原因ではないかというお話。人間の身体を分子レベルで分析し、うつ病の症状を持つ患者さんに不足している栄養素を摂取するよう治療したところ改善されたという内容。なぜうつ病になるのかをホルモンバランスなどとも関連して説明していて分かりやすい。

7つの習慣

ビジネス書として有名な1冊だが、実際には普段の生活を営む上で非常に実践的で有意義な内容がまとめられている。そもそも7つの習慣が、それ以前の哲学書をすべて研究した上で、その共通項をまとめているため、それまでの数多くの実践的な思考回路を網羅している。人生の成功、あるいは幸福にかかせない原則を再認識できる人生で一度は読むべき名著。

-ドイツ語
-, , , , ,

Copyright© Torayoshiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.