㉓~にもかかわらず〈条件法〉(obwohl, trotzdem,denn,weil,副文:Nebensatz)文法【恋するドイツ語】

2019年6月16日

~にもかかわらず〈条件法〉(obwohl, trotzdem,denn,weil,副文:Nebensatz)

Willkommen!! どうも、Torayoshiこと声楽家の森善虎(@moritora810)です。

今日は副文の「~にも関わらず」という意味のobwohlとtrotzdem、それと「~なので」という副文のWeilについて!

~にも関わらず、obwohl,trotzdem

今回の使い方は副詞としての使い方です。Trotzには2格を一緒に使う使い方もありますがそれは次回でまとめたいと思います。それではさっそく例文でみていきましょう。

  • Obwohl es heute regnet, spielen die Kinder im Park./今日、雨にもかかわらず、子どもたちは公園で遊ぶ。
  • Die Kinder spielen im Park, obwohl es heute regnet./子どもたちは公園で遊ぶ、今日雨にもかかわらず。
  • Trotzdem es gestern regnete, ging ich spazieren./昨日、雨にもかかわらず、私は散歩にでかけた。
  • Ich ging spazieren, trotzdem es gestern regnete./私は散歩にでかけた、昨日雨にもかかわらず。

ということで、前回のwennと同じような使い方です。(参考:㉒~のとき、(Nebensatz)〈仮定法〉【恋するドイツ語】)

obwohl、もしくは、trotzdemは副文なので、続く文章では動詞が一番最後にきます。もし先に接続詞を置いた場合には、次にくるのが動詞です。もういちど確認すると、Obwohlかtrotzdem+副文の主語+目的語+動詞(ここまでがポジション1), 主文の動詞(ポジション2)+主語+目的語】例:Obwohl es heute regnet, spielen die Kinder im Park./今日雨にもかかわらず、子どもたちは公園で遊ぶ。

意味はすべて「~にも関わらず」ということになるので、どちらが先か間違えないようにする必要があります。例えばよくある間違えとして、

  • Es regnet heute, obwohl die Kinder im Park spielen./子どもたちが公園で遊ぶにもかかわらず、今日雨がふる。

のような感じです。これだと意味がおかしくなります。

ですが、日本語的に前から順番に訳すと、「今日雨が降るにもかかわらず子どもは公園で遊ぶ。」となるのでごっちゃになりやすいようです。

なので覚え方としては、「ObwohlかTrotzdemの後に来るのは逆説的な理由!」ということです。「~にもかかわらず!」と言いたいときにはとにかく最初にObwohlかTrotzdemを持ってくれば大丈夫です。


~だから、~なので、weilとdenn

今日はもうひとつ副文を解説します。それがweilです。以前にも触れたのですが副文としてもう一度確認しておきます。

WeilはWarum(どうして)のような質問の答えとしてよく使われます。例文でみていきましょう。

  • Warum bist du nach Deutschland gekommen?-Weil ich Deutsch lernen möchte./どうしてあなたはドイツへ来たの?ーなぜなら私はドイツ語を勉強したいからです。
  • Warum bist du traurig?-Weil ich gestern Unglück in der Liebe hatte./どうしてあなたは悲しいの?-なぜなら私は昨日失恋したからです。※Unglück in der Liebe haben:失恋する
  • Warum trinkst du so viel Wasser?-Weil ich gesund sein will. /どうしてそんなに沢山水を飲むの?-なぜなら私は健康でいたいからです。

ということで、Weilはwennやobwohl、trotzdemと同じように副文です。動詞は一番最後にきます。他にもWarumにはDennでも置き換えることができます。例えば先ほどの答えを、

  • Denn ich möchte Deutsch lernen./というのも私はドイツ語勉強したいからです。
  • Denn ich hatte gestern Unglück in der Liebe./というのも私は昨日失恋したからです。
  • Denn ich will gesund sein./というのも私は健康でいたいからです。

しかしここで注意が必要なのが、weilはすべてdennに置き換えることができますが、dennからweilには換えることが出来ない場合があります。

というのも、dennはいわゆる並列接続しというもので、主文と主文を繋ぐ役割があります。どういうことなのか例文でみてみましょう。

  • Die Sonne scheint, denn der Baum wirft Schatten./太陽が射している、というのも木が影を投げかけているからだ。
  • Der Baum wirft Schatten, denn die Sonne Scheint./木が影を投げかけている、というのも太陽が射しているからだ。
  • Der Baum wirft Schatten, weil die Sonne scheint./木が影を投げかけている、なぜなら太陽が射しているからだ。
  • Die Sonne scheint, weil der Baum Schatten wirft./太陽が射している、なぜなら木が影を投げかけているからだ。

weilの場合は同時進行ではなくて、先行する内容が〇〇だから(weil)〇〇ですという意味合いになります。

最後の文章は、「木に影があるから(この理由が先行しているおかげで)太陽が射している」というのは意味として成り立ちません。

dennの場合はどちらもイコールのような意味合いになるので、weilを使うときには注意が必要です。

しかしdennならどちらでも対応できるので、最初はそれでも大丈です!最後に【恋するドイツ語】です!

  • Ich bin glücklich, weil ich dich liebe./私は幸せ者です、なぜならあなたを愛しているから。

それではまた次回!!Bis Bald~!!

《はてなブックマークをお願いします!》

このエントリーをはてなブックマークに追加