ドイツ語

㉒ドイツ語の仮定法・条件法(もし~なら、~のとき、Wenn, Als,)文法[英:if]【恋するドイツ語】

Willkommen!! どうも、Torayoshiこと声楽家の森善虎(@moritora810)です。

今日は副文(Nebensatz)であるWennとAlsの使い方についてまとめたいと思います。この文法は個人的によく使う印象があります。このあたりの副文を使いこなせると、いっきに会話の幅が広がるので、是非マスターしたい内容です!

ドイツ語の仮定法・条件法(もし~なら、~のとき、Wenn, Als,)文法[英:if]【恋するドイツ語】

WennAlsも、今回は「~のとき」という意味で使います。今回は文法を後回しにして、直接例文からみていきましょう。

ドイツ語の仮定法・条件法(もし~なら、~のとき、Wenn, Als,)の例文

  • Wenn ich Zeit habe, höre ich die Musik./私は時間があるとき音楽を聴く。
  • Wenn wir uns treffen, lernen wir zusammen Deutsch./私たちは会ったとき、一緒にドイツ語を勉強する。
  • Wenn ich zu Hause bin, bin ich entspannend./私は家にいるとき、リラックスルする。
  • Als ich Kind war, habe ich immer Fußball gespielt./私は子どものとき、いつもサッカーをしていた。
  • Als ich 20 Jahren war, ging ich oft ins Kino./私は20歳のとき、よく映画へ行った。
  • Als ich nach NY besucht habe, habe ich ein wunderes Musical im Broadway gesehen./私がニューヨークを訪れたとき、ブロードウェイで素晴らしいミュージカルを見た。※besuchen:訪れる、訪問する、※der Broadway:ブロードウェイ

WennとAlsの違いは、「複数回行うことができるかどうか」ということです。Wennは今後もすることができる、複数回行うことができる場合に使われます。それに対して、Alsの文章は1度きりの経験の場合に使われます。

そのため、Alsの文章の方が過去形になることが多いです。例えば「子どものとき」とか、「20歳のとき」とか、「ニューヨークに行ったとき」という限定的な1回限りのその時間をさすときは「Als」です。

それに対して、「時間があるとき」や、「家にいるとき」というのは今後も起こりうることなので「Wenn」を使います。ということでAlsとWennを使い分けていきましょう!次に、WennとAlsの文法をみていきましょう!

ドイツ語の仮定法・条件法(もし~なら、~のとき、Wenn, Als,)の文法

文法は、「{WennかAlsの副文副文では動詞は最後!)〈この副文全部{}がポジション1〉},動詞〈これがポジション2(ドイツ語で動詞は必ず2番目の位置!)〉+主語+目的語+(過去形や助動詞が関係すれば、ここにそれらの動詞)」となっています。

色分けした例文:Wenn ich Zeit habe, höre ich die Musik./私は時間があるとき、音楽を聴きます。」 

つまり、再度の説明になりますが、WennかAlsの文章全体がポジション1にそのままなるわけです。そのため、その後にコンマを打って、次に来るのが動詞です。ドイツ語の約束で動詞はいつも2番目ですから!!ちなみにこの文書は前の後ろを入れ替えることもできます。例えば以下のような内容です。

  • Ich höre die Musik, wenn ich Zeit habe./私は音楽を聴く、時間があるときに。
  • Ich bin entspannend, wenn ich zu Hause bin./私はリラックスルする、家にいるときに。
  • Ich habe immer Fußball gespielt, als ich Kind war./私はいつもサッカーをしていた、子どものときに。

こんな感じです。意味は全く同じになるので、使いやすい方を使って大丈夫です。ちなみに、副文内と主文の主語(コンマの前と後ろの文章の主語)が違っても全く問題はありません。例えば、以下のような文章です。

  • Wenn du kommst, können wir zusammen kochen./君がきたら、私たちは一緒に料理することができる。
  • Als ich betrunken war, hat er mir geholfen./私が酔っ払ったとき、彼は私を助けた。

英語で言う「If~」にあたるこの表現ですが、ドイツ語で重要なのは、以下の三点です。

ドイツ語の仮定法・条件法(もし~なら、~のとき、Wenn, Als,)の重要ポイント!

  • 副文内は動詞が最後に来る
  • 副文が最初にきたら次に来るのは動詞
  • WennとAlsで内容が異なる

この3つに注意しながら使って行けば、だんだんと使えるようになってくると思います!それでは最後に【恋するドイツ語】です!

  • Wenn ich sie treffe, bin ich wieder verliebt./私は彼女に会う度に再び恋をする。

それではまた次回!!Bis Bald~!!

㉓ドイツ語の条件法(~にも関わらず)〈obwohl, trotzdem,denn,weil,副文〉文法【恋するドイツ語】

続きを見る

Youtubeチャンネル更新中!!

おすすめ記事



半年以内に読んで良かった本ランキング

半年以内に読んで良かった本をランキング形式でお届けします!気になった本があれば是非読んでみてください~!

サピエンス全史

歴史的名著。読む以外に選択肢がない。人類の歴史と現在と未来を明確に示してくれる一冊。

うつは食べ物が原因だった!

心の風邪と呼ばれ、社会問題ともなっているうつ病。実はうつ病は脳の栄養不足が原因ではないかというお話。人間の身体を分子レベルで分析し、うつ病の症状を持つ患者さんに不足している栄養素を摂取するよう治療したところ改善されたという内容。なぜうつ病になるのかをホルモンバランスなどとも関連して説明していて分かりやすい。

7つの習慣

ビジネス書として有名な1冊だが、実際には普段の生活を営む上で非常に実践的で有意義な内容がまとめられている。そもそも7つの習慣が、それ以前の哲学書をすべて研究した上で、その共通項をまとめているため、それまでの数多くの実践的な思考回路を網羅している。人生の成功、あるいは幸福にかかせない原則を再認識できる人生で一度は読むべき名著。

-ドイツ語
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© Torayoshiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.