日本の音大受験

日本の美術大学一覧【日本の美大一覧まとめ】

2020年2月8日

日本の美術大学一覧【日本の美大一覧まとめ】

どうも、とらよし(@moritora810)です!今日は日本の美術大学の一覧をまとめておきたいと思います。私は音楽大学の出身ですが、美術館や美術が大好きです。国内外を問わず、新しい街に行った時には必ずといって良いほど美術館を訪れています。今回は日本の音大を地域別・都道府県別にまとめることで、美大に進学したい方などのる参考になればと思っています!ちなみに私のサイトでは日本の音楽大学も一覧でまとめています。

日本の音楽大学一覧【日本の音大一覧まとめ】

目次1 日本の音楽大学一覧〈2019年偏差値一覧〉【日本の音大まとめ】1.1 日本の音楽大学一覧(音楽学部)1.1.1 北海道・東北地方1.1.2 関東・甲信越地方1.1.3 中部地方1.1.4 近畿 ...

続きを見る

大学名をクリックすると、各大学の公式ホームページかそれに準ずるサイトへ飛べるようにリンクしてあります。それではいってみましょう!

日本の美術大学一覧

北海道・東北地方

関東・甲信越地方

中部地方

近畿・中国・四国地方

九州・沖縄地方

通信制課程のある美術・芸術大学及び美術系学部等のある大学

今回は短期大学はWikipediaに記載されていた代表的なところをいくつかあげていますが、その他の細かい分野については芸術系学科のある短期大学一覧という項目でWikipediaにまとめてあったので、そちらをご覧ください!(※上記のリンクは各大学のホームページですが、下記のリンクはWikipediaのページに繋がります。)

芸術短期大学

短期大学芸術系学科

また、日本の美術専修大学もWikipediaにまとめてあったので、こちらもご紹介しておきます!専修系の大学は、一言で言うと専門学校です。基本的には2年間のカリキュラムが多いようですが、学校によっては3年制もあるようです。また、専修系なので中学卒業でも入学できるところもあるようですね。こちらも、リンクからはWikipediaのページに飛ぶので、気になる学校がある場合にはチェックしてみるのがよいかと思います。

日本の美術系専修学校

日本の美術大学事情

日本の美術大学事情を少ししらべてみました。まず学費ですが、東京芸大の学部で年額642,960円(前期 321,480円/後期 321,480円)ということで、これは全国の国立大学の平均程度と言えるでしょう。

ただ倍率はかなり高く、2018年2019年で平均12倍程度です。特に花形である日本画や洋画では17~18倍ぐらいなのでこれは相当難しいということになるでしょう。

日本の私立美大の学費と倍率

次に私立の学費と倍率ですが、例えば武蔵野美術大学(ムサビ)であれば学費は年間の合計で1,870,900円~1,906,900円です。また2年次以降 1,570,900円~1,606,900円と下がるので、200万円を見積もっておけば問題ないでしょう。音大は230万円程度が平均なのでそれよりはやすいといえますね。こちらの倍率については、平均で4倍程度なので東京芸大よりは入り易いといえます。しかしそれでも相当高いですね。倍率は基本的に大学の知名度や学科によって変わって来るので、自分の受験する学科がどこなのかチェックが必要です。

美大は沢山の専攻に分かれている!

今回美術系の大学をまとめてみて感じたのは「美術大学多くない?」ってことです。というのも、美術と聞くと一般的には絵を描くようなことをイメージをしがちですが、まずそもそもその分野でも日本画や西洋画、技法としては油絵や水彩、水墨画、版画、イラストレーション、フレスコ、パステル、ペン画...etcともう限りなく沢山の手法があります。

なぜなら、その手法自体がある意味でアートと関係していると言えるからだと思います。特に現代アートに関して述べると、もうホントに何がアートか分からないわけですが、もうとにかく、自分の好きなことをして、自分のアート道を極めてください!それではまた!

初心者のフィレンツェ観光!美術館に無料で入れる日がある!?観光名所から穴場までご紹介!

目次1 初心者のフィレンツェ観光!音楽家なら絶対行きたい穴場スポットもご紹介!1.1 芸術の街フィレンツェ1.1.1 ポンテ・ヴェッキオ橋1.1.2 ウフィッツィ美術館1.1.3 フランコ・ゼッフィレ ...

続きを見る

Youtubeチャンネル更新中!!

おすすめ記事



-日本の音大受験
-, , , , , ,

Copyright© Torayoshiブログ(運営:LiveARTsPro) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.