㊴ドイツ語の2格(Genetiv)はwegen, trotz, währendを覚えればOK!!【恋するドイツ語】

ドイツ語の2格(Genetiv)はwegen, trotz, währendを覚えればOK!!

Herzlich Willkommen!! どうも、Torayoshi(@moritora810)です。

今日はドイツ語の2格について取り扱いと思います!何だかんだであまり触れてこなかった2格ですが、さすがにもう放置できないので勉強していきたいと思います!

ドイツ語の2格(Genetiv)について

まずドイツ語の2格についてです。そもそも2格はどんな役割をあたすかというと、前の単語の所有的な意味合いを持ちます。まずは変化表と例文で確認してみましょう!

名詞 変化表
男性 des…(e)s
女性 der
中性 des…(e)s
複数形 der
  • Das ist der erfolgreichste Film des Jahres./これはその年の一番ヒットした映画です。
  • Sie ist der Freund meiner Schwester./彼女は私の姉の友達です。

2格は前にある名詞を修飾・所有するのが基本的な意味です。ただ、ドイツ語ではvonを使っても前の言葉を修飾・所有します。

たとえば曲の場合は、Klavierkonzert von Mozartと言うと、モーツァルトのピアノ協奏曲という風に言うことができます。口語では2格よりも、こちの「von」で表現することの方が多い気がします。また「von」は3格を取る前置詞なのでので、基本は「von+3格」です。

たとえば、「Das ist ein Buch vom Kind./この本は子どもの本です。」とかそんな感じで使います。(※中性名詞Kindの3格「dem」は「von+dem=vom」となっています。)

さて、基本を押さえたところで3つの単語についてみていきましょう!

wegen+2格(~のために)

「wegen」は「~のために」と使います。少し用例をみてみましょう。

  • wegen der Pause/休憩のため
  • wegen des Unterrichtes/授業のため
  • wegen der Krankheit/病気のため
  • wegen des schlechten Wetters./ひどい天候のため
  • wegen Motorschadens./モーターが故障したため
  • wegen Umbaus geschlossen./改装中のため休業中
  • wegen ihrer Kinder./彼女の子供のため
  • wegen der Nachbarn./隣人のため(隣人の目をきにして

もちろん、これだけだと何か不自然なので、これにはいくらか疑問がくっついていることが多いです。たとえば、

  • Warum arbeitest du heute nicht?-Wegen der Erkältung./どうしてあなたは今日働いていないの?ひどい風邪のため。※die Erkältung/風邪

こんなような感じです。まずは男性と中性が「des…(e)s」、女性と複数が「der」ということをとにかく覚えれば大丈夫だと思います!

Während+2格(~の間じゅう)

währendは「~のあいだに、~しているあいだずっと」のような意味を持っています。例文をみてみましょう。

  • Während der Nacht/夜のあいだ
  • Während des ganzen Jahres./一年
  • Während drei Tagen /三日間のあいだ
  • Während des Frühstücks/朝食のあいだ
  • während der Pause/休憩のあいだ
  • während des Unterrichtes/授業のあいだ
  • während der Krankheit/病気のあいだ

このような感じです。またWährendは従属接続詞で副文的にも使うことができます。むしろこちらを使えるようになった方が良いと思います!少し例文をみておきましょう!

  • Während er arbeitete ,spielte das Radio./彼が働いている間ずっと、ラジオが流れていた。
  • Während wir verreist waren, hat man bei uns eingebrochen./私たちが留守にしている間に、泥棒が入った
  • Während er so lag, ging die Sonne unter./彼がそうやって横になっている間に、日が沈んだ。

Trotz+2格(~にもかかわらず)

「trotz」は「~にもかかわらず」という意味で使います。基本的には2格支配ですが、南ドイツやスイスでは3格で使うこともあるようです。

似た単語で「trotzdem」というのがあるのですが、そちらは副文で接続詞的に使います。というかおそらくそちらの方が大事です。例文をいくらかみていきましょう!

  • trotz der Kälte/寒さにも関わらず
  • trotz des Feiertages/休日にも関わらず
  • trotz des Regens/雨にも関わらず
  • Er hat viel zu tun, trotzdem kam er./彼は忙しかったにも関わらず、それでも来た。
  • Trotzdem es regnete,ging ich spazieren./雨にも関わらず、私はでかけた。
  • Trotzdem ich die Hausaufgabe machen muss, gehe ich aus./私は宿題をしなければならないにも関わらず、外出した。

ということで、今回は2格支配の前置詞でした。正直、なれるまでこの2格支配は扱いづらいです。私はとりあえず「wegen, trotzdem,während」の意味を覚えて、話で出てきたときに聞きとれるようにしていました。

最初は難しいかもですが、頑張ってみてください!それではまた!

 

《はてなブックマークをお願いします!》

このエントリーをはてなブックマークに追加