旅行&観光名所

ベートーヴェンハウスとシューマンのお墓【ボンの観光名所】

Willkommen!! どうも、Torayoshi(@moritora810)です。今日はベートーヴェンハウスとシューマンのお墓のお話!


ボンのベートヴェンハウス

ベートーヴェンハウスのあるボンへは、ケルンから電車で13€ぐらいしました。あれ、なんだか高い・・・??ボンの目的はもちろんベートーヴェンハウスへ行くためです!!街の中心にはベートーヴェンの銅像が!!ボンはベートーヴェンの出生地です。ボンに着いた私は早速ベートーヴェンハウスへ!生まれてはじめて作曲家の生家を訪ねたのでやはり感極まるものがありました。外からは全然中が見えない作りになっていましたが、中には音楽ショップ生家があります。美術館内は写真厳禁でした!でもそれを知らずに一枚取ってしまっていたのでそれだけアップ!!(ベートーヴェンさんごめんなさい・・・。)

ベートーヴェンが使ってたピアノです!他にもベートーヴェン曲がほぼ全て聴ける視聴覚室みたいな部屋があって、そこではオンラインで彼の実筆譜を見ることができました!!大満足です。値段は大人6€でした。 素晴らしい価格設定・・・。音楽をしてる人はベートーヴェンの自筆譜とかが見れるので絶対楽しいと思います。(個人的には"Andenken"の原譜があってすごいテンションあがありました。)

その後はきっとベートーヴェンも行ったであろう近くにある教会へ。装飾から何から、とても美しい教会でした・・・。そして教会を出たところ、ケルンに住む同業者から連絡が・・・。ボンにシューマンのお墓もあるらしいですよ~」!!!!!なんやてー!!!シューマンライプチッヒのイメージが強いので全く知りませんでした。しかし早速調べてみると出てくるではありませんか!!急遽予定を変更して行ってきました。(写真は立ち寄った教会の外観です。)


ロベルト&クララ・シューマンのお墓

そうしてやってきたのがシューマン夫妻のお墓のあるAlter Friedhof in Bonn!! しかもよく見るとベートーヴェンのお母さんのお墓やシラー(ドイツの詩人。ベートーヴェンの第九もこの人の詩です)の息子さん(?)のお墓なんかもあるようです。

そうこうしているうちに辿り着きました! ロベルト・シューマン夫妻のお墓です!ただ残念ながら雨が降っていたからかもしれませんが、シートみたいなのがかぶせられていました・・・。そうはいっても、私は学部のときからシューマンの歌曲を勉強してきたので、その想いも一押しでした。墓前でしっかりと、「これからもあなたの曲を歌わせて頂きます!」と挨拶してきました。そして今回シューマンのお墓を訪ねてみて感じたことは、演奏家が作曲家のお墓を訪れることはとても意義があるということでした。というのも、今回シューマンのお墓を訪ねたことで、「今後はシューマンの曲を低いクオリティでは演奏できない!!!」という心が生まれたからです。(もちろん気持ちだけあっても技術がなければどうしようもないのですが、それでも先立つものは大事かなと思います。)

私は日本で音楽を勉強しているときから作曲家に対する尊敬の念を持っていましたが、今回の経験を通して作曲家を良い意味で身近に感じることができました。良い意味でというのは、「あー、シューマンね。知ってる。知ってる。お墓も行ったし!」とかいう意味ではなくて、「彼が実際にこの地で生きていたと言うことを実体験として経験したことで、より彼の魂(というか存在?音楽?)を信じることができるようになった」ということです。(ちなみに私は心とか魂とか霊的なものを信じています。音楽家はそういう人が多いかも・・・?)ですので、今後も機会があれば作曲家のお墓を訪ねたいと思います。


1300年代から続くボンのレストラン

そしてボン旅行の締めは 1300年代から営業しているというレストランへ!!もしかしたらベートーヴェンハウスもシューマンもここで食事したことがあるかもしれません。(日本は鎌倉~室町時代。)なんでも各国の首脳が来たりもするんだとか・・・。よく分からずに日替わりメニューを頼んだところ、なんとお米が出てきました。どうやら700年の間に進化しているようです・・・。それではまた次回!Bis Bald~!!



Youtubeチャンネル更新中!!

おすすめ記事



半年以内に読んで良かった本ランキング

半年以内に読んで良かった本をランキング形式でお届けします!気になった本があれば是非読んでみてください~!

サピエンス全史

歴史的名著。読む以外に選択肢がない。人類の歴史と現在と未来を明確に示してくれる一冊。

うつは食べ物が原因だった!

心の風邪と呼ばれ、社会問題ともなっているうつ病。実はうつ病は脳の栄養不足が原因ではないかというお話。人間の身体を分子レベルで分析し、うつ病の症状を持つ患者さんに不足している栄養素を摂取するよう治療したところ改善されたという内容。なぜうつ病になるのかをホルモンバランスなどとも関連して説明していて分かりやすい。

7つの習慣

ビジネス書として有名な1冊だが、実際には普段の生活を営む上で非常に実践的で有意義な内容がまとめられている。そもそも7つの習慣が、それ以前の哲学書をすべて研究した上で、その共通項をまとめているため、それまでの数多くの実践的な思考回路を網羅している。人生の成功、あるいは幸福にかかせない原則を再認識できる人生で一度は読むべき名著。

-旅行&観光名所
-, , , , , ,

Copyright© Torayoshiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.