ドイツ音大受験

ベルリンフィルでアンドラーシュ・シフのピアノリサイタル聴いてきました【体験談】

ベルリンフィルでアンドラーシュ・シフのピアノリサイタル聴いてきました【体験談】

Herzlich Willkommen!! どうも、Torayoshi(@moritora810)です。今日はベルリンでのリサイタルレビューです!!

かっこええええええ。ロビーも良い感じの雰囲気。おしゃれな人々がワインを飲んで談笑しています。そんなわけで、昨日ついにベルリンフィルの本拠地であるフィルハーモニーに潜入してきました。

私は現在フィルハーモニーから見て左下のあたりに住んでいるので、S+U Zoologischergartenという大きな駅まで出て、そこから200番のバス(via Potsdamerplatz)に乗って行きました。6駅、15分ほどで到着します。

なんだかんだでまだ来たことがなかったフィルハーモニー!!黄金に輝いている!!とはいっても昨日行ったのは"Kammermusiksaal"(いわゆる小ホール)なのでベルリンフィルがいつも演奏してるとこではないです。でもおそらく小さいだけで作りは殆ど同じだろうと思います。

András Schiffピアノリサイタル

ということでこの日は、ピアニストのAndras Schiffのピアノリサイタルでした。御年64歳。バッハ演奏の第一人者としても超有名です。

もう、言わずと知れたピアノ界の大巨匠です。プログラムは前半がバッハ(カプリッチョ)とショスタコーヴィチ(なんかソナタ)、後半がヤナーチェック(ソナタ?)とシューマン(ファンタジー)でした。私はピアノは好きなだけで格別弾けるわけでもないので何を言ってもあれなんですが、少しだけ感想を述べるとシフのピアノはとてもクリアでコントロールされていてとても色彩豊かでした。

ただ、その中でも何が1番際立っていたのかはすぐに分かりました。それは・・「愛!」です。(哀~♪ふるえる哀~♪)音への慈しみ方が半端じゃない。そして、明らかに楽しんでる。シューマンのファンタジーは本当に最高でした。

歌い手にはなじみ深いシューマンの「女の愛と生涯」とかベートーヴェンの「遙かなる恋人に寄す」のメロディが出てきます。(涙腺が・・・こういうこと言うと「こいつアホか」と思われるかもしれませんが、シューマンのファンタージーの中でなんか左手がアルペジオになってるところ(結構あとのほう)で”愛情の深い海”みたいなのを見ました。

そこを聴いてるときに頭のなかに音楽を表現する言葉が出てきたのははじめてのことだったので自分でも驚きましたが、あれはホントにそうでしたし、なんか見ちゃいました。ということで!!!シフは偉大だった!!!今日分かったんですが奥さんは日本人らしく、日本でもよく演奏会してるようなので、もし機会があったら是非聴きに行ってみてください!!きっと素敵な体験ができると思います。それではまた次回!Bis Bald~!!

Youtubeチャンネル更新中!!

おすすめ記事



半年以内に読んで良かった本ランキング

半年以内に読んで良かった本をランキング形式でお届けします!気になった本があれば是非読んでみてください~!

サピエンス全史

歴史的名著。読む以外に選択肢がない。人類の歴史と現在と未来を明確に示してくれる一冊。

うつは食べ物が原因だった!

心の風邪と呼ばれ、社会問題ともなっているうつ病。実はうつ病は脳の栄養不足が原因ではないかというお話。人間の身体を分子レベルで分析し、うつ病の症状を持つ患者さんに不足している栄養素を摂取するよう治療したところ改善されたという内容。なぜうつ病になるのかをホルモンバランスなどとも関連して説明していて分かりやすい。

7つの習慣

ビジネス書として有名な1冊だが、実際には普段の生活を営む上で非常に実践的で有意義な内容がまとめられている。そもそも7つの習慣が、それ以前の哲学書をすべて研究した上で、その共通項をまとめているため、それまでの数多くの実践的な思考回路を網羅している。人生の成功、あるいは幸福にかかせない原則を再認識できる人生で一度は読むべき名著。

-ドイツ音大受験
-, ,

Copyright© Torayoshiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.