ウムラウトの入力と発音方法!出し方と変換&代用方法一覧!(a,o,u)【ドイツ語】

2019年7月1日

ウムラウトの入力と発音方法!出し方と変換&代用方法一覧!(a,o,u)【ドイツ語】

どうも、Torayoshi(@moritora810)です!ドイツ語には、「ä」のような文字上につく2つの点々、いわゆる「ウムラウト Umlaut」があります。

ドイツ語を使うことがなければ、ウムラウトは必要ないのですが、検索したいワードにウムラウトがあったり、旅行先の地名でウムラウト入りだと困ることがあります。

ドイツで販売しているPCにはウムラウトのボタンが最初からついているのですが、日本語のPCのキーボードには、ウムラウトがないので入力できません!そんな今回はその入力方法と発音についての記事です!

ウムラウトの入力方法(オススメ順)

①コピペする

一回限りであれば以下の文字をコピペして使います!

  • ä
  • ö
  • ü
  • Ä
  • Ö
  • Ü

エスツェット(Sがふたつのやつ)は以下です。

  • ß

②ウムラウトを2文字で表記する

実はウムラウトは以下のような文字の組み合わせで代用することができます。これは検索エンジンでも同様です!

  • ä = ae
  • ö = oe
  • ü = ue
  • ß= ss 

これを覚えてしまえばそれで検索ができるので、かなり便利です!そして実はこの2文字が発音のときの鍵になります!それについては記事の後半で!

③予測変換にドイツ語を加える

PCの言語設定でドイツ語を追加することでGoogleさんが(?)予測変換をしてくれるようになります。私の場合は【恋するドイツ語】というドイツ語関係のコンテンツを配信しているのでかなり必須です!スペルが間違っていても治してくれます!

私の2016年製のWindowsパソコンの場合、適当に文字を右クリックすると「予測変換」というところがあります。

おそらく多くの場合「英語」だけが追加されていると思いますが、その下にある「言語設定」というところをクリックすると「言語の追加」をすることが可能です。

ここで「ドイツ語」を追加すれば設定は完了です! Windowsのバージョンによって、メニュー名や操作手順が若干異なるとは思いますが、今のやり方やデスクトップ右下のサイドバーの「言語」のところの設定でできるはずです!ドイツ語を多用する方にはお勧めの方法です!

④ファンクションキーと文字番号で入力する

Windowsの場合

Windows (MSワード)の場合、ファンクションキー”Alt(オルトキー)を押しながら特殊文字の番号を入力することができます。ただし、グーグルやヤフーなどの検索バーに直接入力することはできないので、txt.ドキュメントなどに作成してからコピペすることになります。

  • alt + 0228= ä
  • alt + 0246= ö
  • alt + 0252= ü
  • alt + 0196= Ä
  • alt + 0214= Ö
  • alt + 0220= Ü
  • alt + 0223= ß
MacPCの場合
  • option + u を押してから 「a」 = ä
  • option + u を押してから 「o」 = ö
  • option + u を押してから 「u」 = ü
  • option + u を押してから 「A」 = Ä
  • option + u を押してから 「O」 = Ö
  • option + u を押してから 「U」 = Ü
  • option +「 s 」= ß

ちなみに私はこの方法をためしたことはありませんが、ご紹介はしておけたらと思います!続いて、発音方法です!

ウムラウト発音方法!

ウムラウトの発音はさきほど2番目にあげた文字と関係があります。それが、

  • ä = ae
  • ö = oe
  • ü = ue

です。具体的に説明すると、

  • 「ä = ae」は「アの口をしてエ」と発音します。
  • 「ö = oe」は「オの口をしてエ」と発音します。
  • 「ü = ue」は「ウの口をしてと発音します。

ここで注意するべきなのは最後の「Uウムラウト」です。これは発音的には「エ」ではなくて「イ」です。それ以外のAとOのウムラウトは文字前の母音の口の形をして、後ろの母音で発音します!もし具体的に音が必要な場合はこちらのYoutubeなどで確認をしてみてください!

それではまた次回!Bis bald~!

《はてなブックマークをお願いします!》

このエントリーをはてなブックマークに追加