⑦Ich glaube~(私は~だと思います。)一般動詞【恋するドイツ語】

2019年6月14日

Willkommen!! どうも、Torayoshi(@moritora810)です。今日のテーマは、Ich glaube~(私は~だと思います)について!

Ich glaube~(私は~だと思います。)一般動詞glauben

今日は自分の考えを説明するために必要なIch glaube~(私は~だと思います。)についてです。この文章は英語の、「I think~」に相当します。glaubenは信じる、信仰するという意味もありますが、今回は、

  • 「Ich glaube, dass~(私は~だと思う)」

という意味合いで使っていきます。続いてglaubenの変化表を見ていきましょう!

【glaubenの変化表】

動詞の原形 glauben】(~だと思う。~を信じる。)
ich glaube
du glaubst
er/sie/es glaubt
wir glauben
ihr glaubt
sie/Sie glauben

続いて例文を見ていきましょう。

  • Ich glaube, ich habe Fieber./私は(私が)熱があるように思います。
  • Ich glaube, heute ist 16 Juli./私は今日が7月16日だと思います。
  • Ich glaube, dass der Weg richtig ist./私はこの道が正しいと思います。※richtig:正しい

基本的な使い方は、【主語+glaubenの活用形 , +主文】【主語+glaubenの活用形 , +dass+副文(動詞が最後)】の2通りです。

続いて例文を見ていきましょう。Ich glaubeのあとはコンマをつけて、その後に今まで通り普通の文章を置けば良いです。そのときもお約束としては、動詞は必ず2番目に置く!ということ。

しかし!!!最後の文章では動詞が最後にきています。これはどういうことかというと、dass~(英語のthatと同じで言語的な意味は無い)で導かれた文章は、副文的な役割を果たす」ので、「動詞が一番最後に来ます!!!!」ですがよく見てみるといわゆる主文と呼ばれる部分では動詞が二番目にきています。ということで新しいお約束。

  • 【副文の文章の中では動詞が最後に来る。】

これもドイツ語の文法規則の中では最重要な部類に入ります。副文ではどの文章でもその規則が適応されます。ということでドイツ語の動詞に関するお約束は次の2つだけです。

  1. 基本的に動詞は2番目にくる。
  2. それ以外の文法規則があるときは必ず動詞は最後に来る。(副文とか助動詞おか過去完了とか)

この二つを覚えておけば動詞のポジションで迷うことはありません!「ドイツ語の動詞は2番目か最後!」と覚えてください!それではその他の応用も見ていきましょう。


否定形

否定形の場合にはdass構文が使われます。なので基本的な使い方は【主語+glaubenの活用形+nicht, +dass+副文】です。例文をみていきましょう。

  • Ich glaube nicht, dass der Weg richtig ist./私はこの道が正しいと思いません。
  • Ich glaube nicht, dass du recht hast./私はあなたが正しいとは思いません。

おそらく副文であるdass構文は最初難しいと感じると思います。構成は【主文+副分】という作りになっています。ここではglaubenを打ち消しているので、私は~だと思いません。という内容になります。折角なので少しこれを言い換えてみましょう。

  • Ich glaube, der Weg ist nicht richtig./私はこの道が正しくないと思います。(直訳:私は思います、この道が正しくないと。)
  • Ich glaube, du hast nicht Recht./私はあなたが正しくないと思います。(直訳:私は思います、あなたは正しくないと。)

お分かりいただけたと思いますが、意味的にはほぼ同じ意味になります。構成としては【主文+主文】です。そしてなによりも動詞二番目の大原則が適用されるので簡単になります!少しだけニュアンスの違いはあるにしても意味は伝わります。ということで、Ich glaube~、さえマスターすれば最初のうちは否定形のdass構文を無理に覚えなくてもいいような気もします。


他の動詞

他の動詞にも同じ使い方のものがあります。それが、【Ich denke~】【Ich finde~】、【Ich meine~】です。全部「~だと思う」という意味ですが、少しだけニュアンスが違います。denkenは考える、findenは感じる、meinenは~という意見である。みたいなニュアンスが近いと思いますが、それでも日本語に訳すときに一番近いのは【私は~だと思います】という訳語になると思います。余裕のある人は覚えておくとバリエーションが広がっていいかもしれません!!それでは今日の【恋するドイツ語】!

  • Ich glaube, ich verliebe in dich./私はあなたに惚れていると思います。※verlieben in +4格(4格に恋している、惚れている)

それではまた次回!!Bis Bald~!!

《はてなブックマークをお願いします!》

このエントリーをはてなブックマークに追加