ブログやSNSを通して誰かに連絡するときの注意点は?

2019年5月22日

ブログやSNSを通して誰かに連絡するときの注意点は?

Herzlich Willkommen!! どうも、Torayoshiこと森善虎(@moritora810)です。今日はちょっと注意書きというか、一応お願いを書いておきます。このブログも早いもので立ち上げから1年半ぐらいが経ちました。お陰様でそんなに多くはないにしても、一日に数百回程のViewを頂いています。

そんなわけで、そうやって人の目に触れる回数が多くなるのと並行して直接連絡が来ることも多くなります。そこで今日はそのときの連絡について少し。

連絡するときはマナーを守りましょう!

まず最初に言っておきたいのは、殆どの方は礼儀正しい、マナーのある連絡をしてくださいます。実際にブログを通じて知り合った方もいますし、このブログがドイツでの音大受験に役立ちました!と言ってわざわざメッセージをくれた方もいらっしゃいます。

しかしごく稀にマナー的にそれどうなの?という感じの人もいます。なのでそこら辺をちょっとピックアップしてそういうのはやめてくださいということとその理由とともにまとめておきたいと思います。


質問ばかりで自分で調べる気がない。

これを最初に持ってきたのは、このケースが一番多いからです。確かに私に全部聞いた方が早いこともありますし、時間の節約になるかもしれません。

ただ「やっぱりそれどうなの?」と思うこととしては、私が過去に書いた記事でまとめてる内容を読まずに質問してくるのはやめて頂きたいです。

もちろん、それを読んでくださって、その上で分からないことがあるならそれでも構いません。でも私はその記事を書くまでに自分で調べたり経験したりして時間とか経費とかを使っているわけです。なので、まずはサイト内検索をお願いしたいです。それでも分からないことや、記事にないことはいつでも連絡してください!

私は全てのメッセージに返信しますが、それも善意からやっているわけであって、別に仕事でもなんでもありません。仕事ならどんな内容であっても意欲的に取り組みますが、そんな感じだとプライベートでやり取りしたくないというのが本音です。

とりあえずそういったケースでの感覚としては「この人他力本願なんじゃないだろうか?」とか「本当に留学したいの?」みたいに思ってしまいます。あとこれは間違いないことですが、自分で色々調べる力がないと現地に入ってからめちゃくちゃ苦労します!

ため口だったり文章がだらしない。

私は基本的にメッセージを頂いたら必ず返信しているのですが、こういう方とは殆どやり取りが続きません。例え年上であったとしてもとりあえず最初は敬語で入るのが礼儀ですし、ふにゃふにゃした文章を書かれても困ります。

ということで、メッセージを送るときはとりあえず最低限のマナーをお願い致します。また聞きたいことがまとまっていないこともあります。

質問をするときは簡単な自己紹介と、今何で困っているのかちゃんと書いてくださるとロスなく返信することができます!

また逆説的にですが、丁寧なメールとかが来ると助けてあげたいと思うのが人情です。結果的にそういう人の方が沢山の人からサポートを受けたり、有益な情報を得ることができるので、絶対にその方がお得ですよ!

それでは今後もどうぞよろしくお願いいたします!!それではまた次回!!Bis Bald~!!

《はてなブックマークをお願いします!》

このエントリーをはてなブックマークに追加