ドイツ移住&ビザ関係

ドイツワーホリで保険ならケアコンセプト!【申し込み方法とプラン比較まとめ】

ドイツワーホリで保険ならケアコンセプト!【申し込み方法とプラン比較まとめ】



Willkommen!! どうも、Torayoshi(@moritora810)こと森善虎です。今日はドイツへワーキングホリデーで来るときに必要な保険についてご紹介。ドイツではビザを取得するとき保険への加入が義務づけられています。

つまり、保険に入っていないとビザはおりません。今日ご紹介するのは、「Care Concept!!!」オススメ理由は圧倒的な「安さ」です。普通、ドイツの保険は月に120~200€程度します。それがなんと、月/28~63€で押さえられます!(ただし安いのは18ヶ月間まで。)

Care Conceptが提供しているのは4つのプランです。対象者は、基本的に語学学校に通う人、ドイツで滞在ビザを申請する人、大学に通う人、研究滞在する人です。最後の4番目のプランは誰でも加入できるようになっています。


Care Conceptで申し込める4つのプラン

1.Care College Basic (35歳まで)

  • 18ヶ月までは28€/月、それ以降は51€/月
  • 診察に行くと自己負担金が50€発生します&産婦人科はカバーされません。また、歯の治療は痛み止めのみで、250€までしかでません。

2.Care College Comfort (35歳まで)

  • 18ヶ月までは35€/月、それ以降は59€/月
  • 医者に行っても自己負担金が発生しませんが、産婦人科はカバーされません。歯の鎮痛治療は500€までカバーされます。また、12ヶ月以上保険に加入して、一度も保険を使用しなかった場合、1月分の健康保険費用が返却されます。

3.Care College Premium (35歳まで)

  • 18ヶ月までは63€/月、それ以降は83€/月
  • 医者に行っても自己負担金が発生しません。また、産婦人科への検診等もカバーされます。歯の鎮痛治療はについても上限はありません。また、12ヶ月以上保険に加入して、一度も保険を使用しなかった場合、1月分の健康保険費用が返却されます。留学先にて眼鏡等を購入される場合は最高100ユーロまで保険が効きます。(ただし3ヶ月の待機期間あり)。事故等により必要となった場合は義歯の費用も2500€まで補償されています。

4.Care Economy (74歳まで)

  • 1日/1€(90日まで)、1日/1.35€(91-180日まで)、1日/1.95€(181-365日まで)、1日/1.95€(365-730日まで)
  • こちはら月ではなく日割りで加入するタイプです。値段としては安いのですが、診察に行くと自己負担金が25€かかります。歯の鎮痛、修理費用は300€で、保険加入期間が半年を超えると600€までカバーされます。妊娠発覚時の定期検診も保険でカバーされています。

全てのプランで、保険加入8ヶ月以降に妊娠した場合には出産費用がカバーされています。また、死亡時の遺体の搬送や埋葬費用は25000€までカバーされています。




ということで私が加入したのは2番目に紹介した「Care College Comfort」です。自己負担金がなく1回でも病院に通うのであればこちらのほうがBasicプランより特になるのは明かです。

また、ワーキングホリデービザは基本的に1年の申請なので、12ヶ月は保険に加入する必要があります。ですので、病気にならなかった場合、1ヶ月分の費用の返却も見込めます。ビザの申請でも問題ありませんでした。

ですが、女性の方の場合はPremiumに加入されることをお勧めします。というのも、産婦人科系の定期検診費用が保険でカバーされているからです。保険は「もしも!」のときの為なので、それがカバーできないのでは意味がありません。

また、ビザ申請のときに女性はこの産婦人科系の費用がカバーされた保険に入ることが必須条件です。またこの保険を申し込むとき、同時に申し込める損害賠償保険も加入をお勧めします。ビザの申請には必須の項目ではないのですが、何かあったときに入っておくと心強いです。


同時に申し込める損害賠償保険

1. Sタイプ

  • 保険料 2€/月(最短保険期間5ヶ月)。賠償保障金額100万€まで。自己負担金250€/件。例外は賃貸物件に損害を与えた場合(被害額の10%が自己負担)

2. Mタイプ(事故保険込み)

  • 保険料 4€/月(最短保険期間3ヶ月)。賠償保障金額200万€まで。自己負担金なし。例外は賃貸物件に損害を与えた場合(被害額の10%が自己負担)。事故に遭った際の救出費用は7500€まで保障、死亡時は15000€の保険金が支給、後遺症が残った場合、最高3万ユーロまでの保険金が支給されます。

3. XLタイプ(事故保険込み)

  • 保険料 7,5€/月(最短保険期間2ヶ月)。賠償保障金額250万€まで。自己負担金なし。例外は賃貸物件に損害を与えた場合(被害額の10%が自己負担)。事故に遭った際の救出費用は1万€まで保障、死亡時は25000€の保険金が支給、後遺症が残った場合、最高4万ユーロまでの保険金が支給されます。

ということで、私はまたも2番目のMタイプ(月/4€)に加入しました。自己負担金がなく、事故の時の救済費用が7500€まで保証されているからです。

賠償保証も200万€(2億4000万円ぐらい)まで保証されているので、殆どの物をぶっ壊しても大丈夫です。Care Conceptのサイトは英語かドイツ語ですが、辞書を片手に頑張れば誰でも申し込めると思います!!

また、詳しくはこちらのサイトに詳しくまとめてあるので、ここを読めばある程度理解できると思います。更には、日本語で申し込める保険も紹介されているようですので、お金に余裕がある方はそちらから申し込んでもいいと思います。

もし分からないことがあれば気軽にご連絡ください!それではまた次回!Bis Bald~!!



Youtubeチャンネル更新中!!

おすすめ記事



半年以内に読んで良かった本ランキング

半年以内に読んで良かった本をランキング形式でお届けします!気になった本があれば是非読んでみてください~!

サピエンス全史

歴史的名著。読む以外に選択肢がない。人類の歴史と現在と未来を明確に示してくれる一冊。

うつは食べ物が原因だった!

心の風邪と呼ばれ、社会問題ともなっているうつ病。実はうつ病は脳の栄養不足が原因ではないかというお話。人間の身体を分子レベルで分析し、うつ病の症状を持つ患者さんに不足している栄養素を摂取するよう治療したところ改善されたという内容。なぜうつ病になるのかをホルモンバランスなどとも関連して説明していて分かりやすい。

7つの習慣

ビジネス書として有名な1冊だが、実際には普段の生活を営む上で非常に実践的で有意義な内容がまとめられている。そもそも7つの習慣が、それ以前の哲学書をすべて研究した上で、その共通項をまとめているため、それまでの数多くの実践的な思考回路を網羅している。人生の成功、あるいは幸福にかかせない原則を再認識できる人生で一度は読むべき名著。

-ドイツ移住&ビザ関係
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© Torayoshiブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.