映画「ホリデイ」を見た感想!〈仕事で疲れている人にオススメ!〉【ネタバレ少なめ】

2020年2月9日

映画「ホリデイ」を見た感想!〈仕事で疲れている人にオススメ!〉【ネタバレ少なめ】

どうも、Torayoshi(@moritora810)です!今日は先日見た映画のお話を!

うちは弟がアマゾンプライムに加入しているので、それで映画が結構見れるんですね。それでこないだなんとなく見た映画が結構楽しかったのでご紹介したいと思います!

映画のキャッチコピーは「人生に一度だけ、誰にでも運命の休暇がある」です!それではいってみましょう!

ストーリー

会社のクリスマスパーティーで、ロンドンの新聞社に勤めるコラムニストのアイリス(ケイト・ウィンスレット)は、恋人で同僚のジャスパー(ルーファス・シーウェル)が他の女性と婚約したことを知る。

一方、ロサンゼルスに住み、ハリウッド映画の予告編の製作会社を経営するアマンダ(キャメロン・ディアス)も、恋人のイーサン(エドワード・バーンズ)の浮気に気づき、別れることにした。

いくら悲しくても涙を流せないでいたアマンダは、休暇を取って旅に出ることを決め、インターネットでイギリスのサリーの小さな村シェア (Shere) にある素敵なコテージを見つける。

そのウェブサイトは休暇中にお互いの家や車などを交換する「ホーム・エクスチェンジ」のサイトで、見ていたのは同じく恋に破れたばかりのアイリスの家だった。

意気投合した二人は、早速お互いの家を交換することにして旅立つ。

そこで、アマンダアイリスの兄グレアム(ジュード・ロウ)と、アイリスはイーサンの友人で映画音楽の作曲をしているマイルズ(ジャック・ブラック)や、近所に住む引退した脚本家のアーサー(イーライ・ウォラック)たちと出会う。

Wikipedia 映画「ホリデイ」より

こんなストーリーです。

ロサンゼルスの都市部⇔イギリスの田舎というギャップのある場所で家を交換した2人は、今まで経験したことないことをそれぞれ経験していきます。

ジャンルとしてはラブコメディーです。恋愛で悲しくなって他の場所に行ったのに、またそこでも恋してしまうというお話。

舞台のひとつがロサンゼルスでハリウッド関連も出てくるので、ところどころで名言が出てきたりするのは面白いです。

ストーリーはちょっと現実的ではないですが、映画でコメディーとしては面白いですね!

こんな人にオススメ!

  • 恋愛で他人に振り回されている人
  • 仕事が忙しくてパートナーとすれ違っている人

そんな2人の物語ですから、同じようなシチュエーションであれば共感できるところも多いと思います。この映画の中で「あなたが人生の主人公だ!」みたいなセリフがあるのですが、これはお気に入りです。

自分が住んでる世界以外にも沢山の世界があることを見せてくれますし、とても楽しんで見ることができます!ということで、もし気になった方は是非見てみてください!

ホリデイ (字幕版)アマゾンプライムなら30日間無料!

それではまた次回!Bis bald~!

《はてなブックマークをお願いします!》

このエントリーをはてなブックマークに追加