FXのスワップポイントで稼ぐには?売はマイナス?【スワップ金利運用の絶対ルール】

2020年2月8日

FXのスワップポイントで稼ぐには?売りはマイナス?【スワップ金利運用の絶対ルール】

どうも、とらよし(@moritora810)です。今日はFXのスワップポイントについてお話したいと思います。これは特に長期で売買をする方にはとても重要な要素のひとつなので、必ず理解してから取引するようにしてください!

さて、早速ですがスワップポイントとはいったいなんでしょうか?FXは以前にもお話した通り、通貨の価格差を利用して利益を出します。これをキャピタルゲインと言いました。安いときに買って高いときに売るという手法です。そしてそれは時間の経過を使います。もちろん、その価格差は時間がたてばたつほど変動率がくなる可能性があります。1日後の価格と1週間後、1か月後、1年後では価格にはずいぶんと差があるはずです。

さて、そんなときFXでは保有している日数に応じてポイントが発生します。それがスワップポイントです。これは、売買した通貨と通貨の金利差のことです。例えば日本の「円¥」は非常に低金利なので、これはFXにおいてプラスに作用することが多いです。そしてFXの特徴は、その金利差の差額分が「1日単位で受け取れる」ということです。そのため、FXでは外貨を購入し、ただ保有しているだけでスワップポイントを得られる可能性があります。

基本的に「円¥」を使って取引する場合、スワップポイントは「買いがプラス」「売りがマイナス」になります。ですので、まず理解したいのは「買いは長期」「売りは短期」ということです。売りはあまり長期で持つべきではありません。しかし、ほんの一部の通貨い限り、売りのスワップポイントがプラスになるものがあります。その代表が「ユーロ/円」「スイスフラン/円」「スウェーデンクロナ/円」の3つです。これらの通貨は売りのときにスワップポイントがプラスになります。他にもクロス円と言って、「ドル/ユーロ」と言った円のないものでも売りでプラスがありますが、このあたりは慣れて来てから手を出す方が無難なのではと思います。以下にSBI証券のスワップポイントの2020年2月5日時点のものを掲載しておくので参考にしてみてください!

スワップポイントだけで稼ぐことは可能なのか?

この議論は良く行われます。FXでは外貨を保有しているだけでもスワップポイントが入ってきますから、ずっと保有していればいいのではないかということです。私の考えでは、スワップポイントだけを目当てにFXをするならいくつかの条件を満たさなければいけません。何も考えずにスワップポイントだけを目当てに取引をしているといずれ痛い目を見ます。というのも、通貨は常に価格が変動するものであり急落や急騰がつきものだからです。

そして、最近まさにスワップポイントだけを狙ってトレードをしていた人たちが一気に絶滅する事件が起きました。それが2019年3月に起きたトルコリラの急落です。トルコリラという通貨は非常に金利が高く、そのためスワップポイント目当てで多くのトレーダーが長期保有をしていました。しかし保有しているということは、もちろん価格差による「キャピタルゲイン」も存在するということです。価格があまり変わらず、むしろ上がっていく分には問題ありませんが、逆に価値が下がればスワップポイントを含めてもカバーしきれないほどの損失を出す恐れがあります。

今回の急落もヘッジファンドによる爆下げから、売りが売りを呼んで強制ロストカットが次々と起こった結果、止まらない急落が起きたのです。

価格が急落するには理由があります。普段FXでは価格が落ちるとそれを買い戻そうとする反発力がありますが、あまりにも売られすぎると「投げ売り」と呼ばれる、「売りが売りを呼ぶ」現象が起きます。そこに強制ロストカットが加わって連鎖が止まらなくなるのです。

スワップポイントを狙いに行く条件

スワップポイント狙いでトレードするのであれば資金力が豊富にあるときだけです。それ以外のときには「キャピタルゲイン」(通貨の価格差)を軸にトレードする方が利益を出すことができます。

そして重要なのは「スワップポイント狙いであればあまりレバレッジをかけるべきではない」ということです。レバレッジをかけないのであればスワップポイント狙いのガチ保もありだと思いますが、レバレッジをかけるのであれば「キャピタルゲイン」による価格差でトレードすることをオススメします。

では具体的に証拠金維持をどのくらいに保つべきなのかと言うと、安全ラインで言えば1000%あたりが目安といえるでしょう。つまり、証拠金維持を高く保つということは、それだけ取引できる通貨量が減ると言うことなので、最初に述べた通り、資金力が豊富にあるときにスワップポイントを狙いに行くのが最も効率的であろうと思います。沢山貯金があるのであれば、銀行にあずけているよりはこちらのほうが断然お得なのは間違いありません。

まとめ

  • スワップポイントは通貨ごとの金利差で利益を出す方法
  • スワップポイントの狙う場合は証拠金維持を高く保つ(急騰と急落に備える)
  • スワップポイント狙いの運用は長期でコツコツ、長く保有するスタイル

ということで、スワップポイントでの運用を考えている人は年単位、少なくとも月単で考えていくのがおススメです。また、毎日少しづつ買っていく(売りでプラスになる通貨なら売っていく)ことで約定価格を平均化するという手法もここには使えるので、それも気になる人は是非調べて見てください!

スワップポイントで運用する場合は以下の証券会社がおススメです。少ない通貨数からトレードできるので、初心者でも気軽に始められます。もし詳しく聞きたい方は気軽にTwitter(@moritora810)などでDMを頂ければお教え板います!それではまたお会いしましょう!See you again!!

《はてなブックマークをお願いします!》

このエントリーをはてなブックマークに追加