【FX初心者がする3つの勉強法】FX収益報告〈2019年9月第2週目〉ポンド円

【FX初心者がする3つの勉強法】FX収益報告〈2019年9月第2週目〉ポンド円

皆さん、こんにちは!音楽トレーダーのとらよし(@moritora810)です。今日は2019年第2週の収益報告と、初心者の人がどうやってFXの勉強をしたらいいのかについて書きたいと思います!

まず先週の振り返りですが、先週は木・金でマイナスになり、結果的に-1.0%程度に終わりました。そのときの記事はこちらです。

とはいっても先月も第1週目は同じく-1.0%でしたが、最終的には月を通して+28.5%でしたのでそこまで気にしすぎるとメンタル的にもよくないかなと思います。早くもっと淡々と作業をする感じでトレードできるとよいなと思います。

さて、今週ですが先週の教訓を生かしてポンド円から離れたかと思いきや、そのままポンド円だけで取引をしていました。どの通貨を選ぶかについては、通貨毎のチャートの「クセ」があるので、それを理解する上でも統一した方が良いです。その中でも、おそらくポンドは最もクセが強い通貨であろうと思います。専門的に言うとポンドはボラティリティ(変動率)が高いです。それはFXにおいて利点でもあり、欠点でもあります。

ドル円やユーロドルは最も安定していますが、少しボラティリティが低いので今回は勉強の意味でも今週はポンドの勉強をしようと思いました。てなわけで、今週はポンド円での取引です。それでは早速、2019年第2週の収益報告を見ていきましょう!

2019年9月9~13日【第2週】FX収益報告

日付 資産評価額 前日比 前日比増減割合
2019年9月6日(金) ¥64,201 (9月第一週)
2019年9月9日(月) ¥69,396 +¥5,195 +8.1%
2019年9月10日 ¥71,147 +¥1,751 +2.5%
2019年9月11日 ¥71,364 +¥217 +0.3%
2019年9月12日 ¥73,122 +¥1,758 +2.5%
2019年9月13日 ¥73,192 +¥70 +0.1%
第2週目合計 ¥73,192 +¥ 8,991 +14.0%

(※割合の小数点百分の一以下は四捨五入しています。)

というわけで、今週は+¥8,991、14%のプラスに終わりました。9日月曜日は大きく上がったトレンドの波をうまく捕まえられたので大きく利益が出ています。しかし、金曜日は3%ほどあったプラス益を無謀なトレードで消してしまいました。ただそれでも、今週はマイナスの日がなかったということで、スタートして1カ月半と考えれば上々の出来だと思います!

ただFXは月間を通して、あるいは年間を通してどのくらい利益をあげれるかというところが大事なので、コツコツと積み重ねることを忘れずにトレードをしなければいけません。来週以降も油断は禁物です!!

さて、ここからは初心者の人がどうやってFXの勉強をしたら良いか、3つの方法をご紹介できたらと思います!FXに興味のある方は是非参考にしてみてください!

〈FX初心者にオススメな3つの勉強法〉

初心者の方が行うFXの勉強法には沢山ありますが、今回は実際に私が実践した勉強法に絞ってお勧めの勉強法をお伝えできればと思います。

勉強したから絶対に勝てるわけではありませんが、勉強しないで勝つのは無理だということだけはお伝えしておきます!それではみてみましょうー!

①インターネット上にあるFX関係の記事を読み漁る

まず最もハードルが低く、コストもかからずにできるのがこの方法です。インターネット上には沢山のFXに関連する情報があります。この方法では、とにかくFXに関連する知識をネット上から勉強しまくるという方法です。

私もこの方法で勉強をスタートしましたが、ここで注意点があります。それは、ネット上で手法について解説したものは勉強する必要がないということです。(※特に顔出しをしていないトレーダーの人の話は聞かない方がいいです。)

じゃあ一体何について勉強するの?というのは、ずばり、チャートについての一般的な知識です。例えば、チャートで必ず読み取れなければいけないことがいくつかりあります。

ローソク足がどういう意味を持っているのかということや、始値終値その長さが何を表すのか横軸と縦軸の関係性等、まず勉強をするのはそういった基本的な内容です。すべての手法は基本の上に成り立っています。

他にも大切な内容としては、チャートの形について色々な呼び方や特徴があるので、それについても理解する必要があります。ダブルトップが何を意味していてるのか、ダウ理論とは一体なんなのか、損切りとは一体何のことなのか。あるいはオシレーターの意味や使い方も勉強しなければなりません。まずはこういった基本的な言葉や知識について勉強をするのが初めの一歩です。このあたりの知識はほとんどのFX会社が丁寧に解説をしてくれています。

それでは、なぜ手法について勉強する必要がないのかというと、ネット上には訳の分からない情報商材を売ろうとする人が沢山いるからです。もちろん、中には本当に実績を上げていてセミナーを開いたり書籍を発売している人もいます。ただ、ここには自分が全くトレードをしていないのに情報商材のようなものだけを売ろうとする人たちもちらほら見受けられます。そのあたりの見極めは、実際に自分がトレードしないと出来るようにならないと思うので、それまでは無視するのが得策です。

②FX関連の書籍を購入して読んでみる(図書館にもあるよ!)

巷には沢山のFXの書籍があります。もしあなたが都市部に住んでいるのであれば、仕事帰りや休みの日にジュンク堂か紀伊国屋書店にでも行って、FXに関する本をかたっぱしから読んでみてください。そのときに大切なことは、本の中にある共通項を見つけることです。もちろん、このブログでも紹介していきますが、FXをしている方が他人に何か伝えるときに大切だと思っていることは殆ど同じです。

その一部を紹介すれば、損切りは必ずするということや、自分の中にエントリーのルールを作るということ、メンタルをコントロールしてトレードをするということ…etc。もちろん、例外はありますし頭では分かっていても実践ではできないということもあるかと思います。

もちろん学んだあとは手法について思いを巡らせることになると思いますが、やり方としては「①本や有名トレーダーが使っている手法を真似する⇒②実際にトレードする⇒③結果を見て試行錯誤を繰り返す」というプロセスです。手法については本当に数多くの方法があるので、どれが良いかは一概に言えません。これはトレーダーが自分でスタイルを確立させていく必要があると思います。

③実際に取引をしながら勉強する

最後の勉強法としては、やはりチャートを見て実際にFXの会社に登録して口座を開設して、その画面を使いながら勉強する方法です。殆どの会社にはデモトレードといって、実際にお金を入金しなくてもチャートの機能がまるまる使えるサービスがあります。そのため、初心者の方はまずはこのデモトレードに登録して勉強を開始するのが良いかと思います。

トレーダーの人の中には身体で覚える為にリアルマネーをはじめから投入してトレードするべきだという方もいますが、私はそれには反対です。というのも、相当の才能がない限り最初は資金を溶かすからです。

それは実際にトレードしてみるとわかりますが、頭で考えていることと行動は中々一致しません。例えば、「ここまできたら損切りしよう」と決めていても、実際にその値になったら損切りをしなかったり、逆に「ここまできたら利食いしよう」と思っていても、まだ伸びるかもしれないと思ってそのままにしておいたりします。これについても、指値注文などの手法を今後紹介していきますが、自分で決めたルールを順守することの難しさを感じながらトレードは勉強していかなければなりません。

トレードの勉強はそういう意味で、知識や手法だけではなく自分自身との戦いであると言えますし、十分に知識や手法を勉強したのに勝てない人は、メンタルコントロールについて勉強しなければならないと言えます。

まとめ

FXでずっと収益をあげることが出来るようになるには生半可な勉強量では難しいです。きちんと学び、何が必要で、何をしてはいけないのか、自分の性格の分析や、資金管理など、多くのことを同時に行わなければなりません。

また、もし勝てる手法を見つけてそれをやっていたとしても、時間が経てばその方法は使えなくなる可能性も十分にあります。そのため、トレーダーの人たちは常に勉強を続けながら色々な手法を研究しているというのが実情です。

というわけで今後も収益報告と一緒にトレードの話をしてきたいと思っています。私の手法もいずれは公開する日がくることでしょう!

オススメのFX口座

もし現在、FX口座を開設しようか悩んでいる場合はキャッシュバックのある口座がオススメです!その中でもDMMFXは最もキャッシュバック金額が高くて条件が易しい会社の一つなので、口座を開設するならお勧めの一社になります。チャート画面をカスタマイズしやすいのもメリットのひとつです。

あとは新興国通貨を取引するなら「みんなのFX」がオススメです。FXでYoutuberをしているJINさんもこの証券会社でトルコリラを運用しています。私は新興国通貨は怖いので無理です!条件は厳しいですが、こちらもなかなか太っ腹なキャッシュバックキャンペーンがあるので、気になる方は是非チェックしてみください!

それではまた!Have a very nice day!! 今日も良い一日を!


《はてなブックマークをお願いします!》

このエントリーをはてなブックマークに追加