【表情筋を筋トレ!声と第一印象を変える方法】ボイトレ,発声

2019年5月17日

Herzlich Willkommen!! どうも、Torayoshi(@moritora810)ことボイストレーナー&声楽家の森善虎です。今日は表情筋を鍛えるメリットと、表情筋を鍛えることで、何故歌が上手くなるのかについてのお話です!

表情筋を筋トレして声と第一印象を変えよう!

皆さんは最近笑っているでしょうか?既に表情筋がよく鍛えられている人は、喜怒哀楽を顔で表現する人、特に笑う人に多いです。そして、ボイトレ的な話をすると、表情豊かな人の方が歌は上手です。まずは表情筋を鍛えることのボイトレ&普段でのメリットから考えていきましょう。



表情筋を鍛えるボイトレ的な5つのメリット

  • 声のポジションを高くすることができる〈音程が安定する〉
  • 柔軟な表情になり、顔でも感情表現を行うことができる〈表現のレベルUP〉
  • 顔周辺の感覚を鋭くすることで声の違いを感じることができるようになる〈声のレベルUP〉
  • 舌まで柔らかくすることにより活舌がよくなる〈発音の改善〉
  • 軟口蓋や口の中が柔らかくなる(喉が落ちる)ことで響きが増える〈声のレベルUP〉

これがボイトレ的に期待できる効果ですが、それだけではなく人に与える印象も変えることが可能です。なぜなら、口角が上に上がっている状態の方が人は高い声が出るからです人は高い声を聴くと「あの人は元気そうだな」とか「健康そうだな」という印象を持つと言われています。例えば、社交的な人や活発な人は笑顔で声が高い人が多いですよね?実はこの表情筋と声とは密接に関係しているんです!!

更には表情筋を鍛えると小顔効果も期待できますから、美容に関心がある方にはいいことづくしの内容になっています!

表情筋を鍛える実践的な練習方法について

まず一番最初に自分の手で顔面や頬っぺた、鼻や口、首周りを触りながらそこにある筋肉を動かしてみましょう。これはボディマッピングと呼ばれるもので、自分の「どこに」「何が」あって、「どういう風に機能しているのか」を確認する作業になります。筋肉等を鍛えるときにはとても大切なことです。それではまず顔の上の方から鍛えていきます。鏡を見ながら行うのがオススメです!

眉を上に10回持ち上げる

まずは眉毛を上に10回持ち上げてみましょう!1秒に1回を10回続けてやってみます。それができたら次は眉を持ち上げたまま10秒間キープしましょう。

大切なことは目がパッカーン!と開いていることです。実はこの目を開くというのも歌にとても重要なメソードです。おでこにしわがよるのは全然問題ありません!そして更に効果が高まる方法として、眉を上げた状態で鼻からゆっくりと息を吸います。鼻の穴が大きくなって鼻腔に息がどんどん入るような感覚です。実はこれはポジションを「あける」という作業にも使うことができますので、是非やってみてください!



鼻と口角を同時に持ち上げる

鼻を上に「ん!」っと持ち上げてみましょう。このときに口角も一緒に挙げた方が筋肉的にはGoodです!簡単に言うと笑顔をキープするということです。口は閉じた状態と口を開けた状態、二つの状態でやってみてください。この笑顔の状態をまずは10秒間キープを3セット、それができたら30秒を3セット、とだんだん長くしていってください。普段、家事をしながらでもお風呂でもどこででも出来るのでとてもオススメの方法です。

余談ですが、人は楽しいから笑うのではなくて、「笑うから楽しい気持ちになる」と脳科学的に言われています。「笑う門には福来る」ということわざもありますよね?笑っている人の周りには幸せな人が集まってきます。何か辛いことや暗い気持ちになることがあっても、是非この表情筋のメソードを使って幸せな気持ちになってみてください!

口を大きく開ける運動

口を「O」の口にして縦に大きく開けてみましょう!まずはこの状態を10秒キープして3セット、次は30秒で3セットという風に、時間を伸ばしてトライしてみてください。実はこれをすると喉(舌)を下に落とす筋肉を鍛えることができます。歌にとって喉は高い位置よりも低い位置の方が響きの量が増えたり、コントロールとして使いやすいので、これも是非覚えたい内容です!

これと似たトレーニングとしては「A」の口で先ほどの口角を上げる練習と併用して行うことです。口を大きく「A」で開けて口角と鼻を開けます。更に、鼻から息を吸うことで歌にとって理想的な顔面の状態を作り出すことが可能です!

舌を前に突き出す運動

「E」の母音で舌を可能な限り前に突き出します。まずはその状態を10秒キープしましょう。舌の筋肉は鍛えると活舌の良さを生み出すことが出来ます。このときにまた笑っているときの筋肉、頬のあたりの筋肉を使いながらキープするのがポイントです。舌の柔らかさや柔軟さはもちろん歌にとってもプラスになります!

次にそれがができたら舌を出したり引っ込めたりする運動をしてみます。笑顔をキープしながら何度か試してみましょう!このときに出来る人は「ドッグ・ブレス」をしてみるのいいかもしれません!

まとめ

多くの方は、第一印象で顔を気にすることが多いですが、実は人間の第一印象はまず「声」だと言われています。人は初対面では「声」でその人を認識したり、「声」で人の印象を感じ取っているのだそうです。

この「声」を変えていくプロセスの中のひとつに表情筋があります。そして表情筋の訓練でもっとも大切な筋肉は笑うときに使う筋肉です。これは頬周辺の筋肉だけではなく、鼻周り、目の周り、唇、とても多くの筋肉を必要としてます。笑うということは歌が上手くなるだけではなく、心にも良い影響がありますから、是非とも積極的に実践してみてください!

それではまた次回!!



Bis Bald~!!

 

※もし記事を読んでみて、「この人からレッスンを受けてみたい!」という方や、「もっともっと深い内容について知りたい!」という方がいれば下記の問い合わせフォームからご連絡ください。追って具体的なレッスンや内容についてご連絡致します。

基本的にミュージックスクール等でのレッスンよりもリーズナブルにご案内致します。クラシックはもちろん、J-Pop、洋楽も指導可能です!(※その他、各種お気軽にご相談ください。)

もちろん個人だけではなく、会社でのワークショップやレクチャー、大学サークル、合唱団などでの基礎的なレッスンも大歓迎です。それでは、皆さんの人生が音楽でより豊かになることを!Enjoy music!!

※Youtubeチャンネルではボイトレの為になる話やメソードを配信しています!是非こちらからチャンネル登録をお願い致します!<m(__)m>