グーグルアドセンスは国の変更ができないので再申請して合格した話!

2019年5月22日

グーグルアドセンスは国の変更ができないので再申請して合格した話!

Herzlich Willkommen!! どうも、Torayoshi(@moritora810)です。今日はグーグルアドセンスで国変更をしたときのお話です。もし住所の変更で国も変更しなければならない場合にはこの記事を参考にしてみてください。

グーグルアドセンスは国の変更が出来ない?

まず私はグーグルのアドセンスをはじめて申請したときに海外に居住していました。そのため、申請したときにそのまま現在住んでいる国と住所を入力してアドセンスの登録をスタートしました。その後、サイトをアドセンスに登録しようと頑張ったのですが、全然アドセンス審査に通ることができずに、最終的にはあきらめてほったらかしにしていました。

それから数年後、日本に帰国していた私はまたアドセンスでブログをはじめようと思い立ちます。そこでこちらの記事(アドセンス審査に通らない?【記事数6記事で合格した時のまとめ】)にあるような手法でアドセンスに見事合格することができました。

しかし!!住所を変更しようと思ってもどうにもそれが出来ません。一体どういうことなのだろうとネットで色々調べていたら驚愕の事実が判明します。それは「アドセンスが収益化できた場合(1,000円以上)は登録した住所にPINコードが届く」という内容です。

しかも、このPINコードがないと収益が受け取れないということでした。これから収益化を目指している私にとってはこれは大問題です。どうすれば解決できるのかはアドセンスのステータスにどうやら関係があるようでした。

ある一定以上の収益がある人はグーグルアドセンスのサポートに連絡ができるらしい

既にアドセンスで1,000円以上の収益が出ている人は、自動で登録している住所にPINコードが送られるとなっています。そして、そのコードを元にしてアドセンスのアカウントを削除したりすることができるので、一番問題なのは、「PINコードが分からないけど収益が1,000円以上ある人」です。

PINコードは前の住所に自動的に送られる仕組みのようなので、これはどうにかして手に入れてください。ただし、この収益が1,000円以上ある場合には、グーグルのカスタマーサポートに連絡することができるようです。ちなみに、私がはじめてアドセンスに追加したときそれを試そうとしたのですが、そもそもメールを送る画面にたどり着くことができません。

ですので、まずは自分のアドセンスのヘルプに、グーグルへメールを送信できるところがあるか確認してみてください。もしそれがない場合には私と同じ手法を取らざるを得ません。

アドセンスを削除して、サイトを再申請する

というわけで、グーグルにメールを送ることが出来ない私は一度合格したアドセンスのアカウントを削除してサイトを再申請しました。ここで注意点は二つです。

  • 新しいアドセンス申請には新しいGmailアカウントが必要
  • 次の申請は削除してから24時間経過した後に行う

まず最初の項目ですが、アドセンス申請には新しいGmailアカウントが必要です。そして申請するときには現在の国と住所を入力します。これが目的ですから当然ですね。

次の項目ですが、まずアドセンスを削除するとGmailアドレスに次のような内容のメールが届きます。

○○○○@gmail.com 様 AdSense アカウント(パブリッシャー ID: pub-○○○○○○○○○○○)を閉鎖するリクエストをお受けいたしました。手続きを完了するには、24 時間以内に次のリンクをクリックしてください。 https://www.google.com/ adsense/cancel-account?token= AEHiP_ De5mtrnZU8ZQT5SP2xFq5lFMR2GbCu jvOJRZKg-1nHrdhSFRow&pid= ○○○○ ○○○○ ○○○○ この手続きは取り消すことができませんのでご注意ください。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 Google AdSense チーム

このように、アドセンスの削除申請は24時間以内であれば取り消すことができます。ですので、次の申請は必ず24時間経過してから行う必要があります。(ちなみに私は削除申請後にすぐ再申請しましたが落ちました。)アドセンスアカウントの削除申請後、24時間経過すると、更にグーグルから下記のような内容のメールが届きます。

このたび、お客様の Google AdSense アカウントがキャンセルされましたのでお知らせいたします。アカウントの残高が €10.00 を超えている場合は、次回のお支払い期間に最後のお支払いをお受け取りいただけます。€10.00 を下回っている場合、お支払い手続きは行われませんのでご了承ください。 」

このメールが届いた時点でアドセンスのアカウントはキャンセルされています。そして、次に確認しておきたいことはサイトがアドセンス審査に通った時と比べてどのくらい変わっているかです。

私の場合は幸い、記事を2つ追加したぐらいだったので、ほとんど問題はありませんでした。ただ、念のために画像を消したりアフェリエイト関連のリンクをすべて削除するという対策をしました。また、前のアドセンスで「head」のところに挿入したアドセンスのHtmlを削除しておかないといけません。そういったところでサイトを申請したときの状態に出来るだけ復元したところ、無事に審査用のブログが再びアドセンスに通過することができました。

まとめ

なぜアドセンスに国の変更が出来ないかと言うと、グーグルは広告配信をその国ごとの法律に乗っ取って運営しているからです。基本的にはグーグルのポリシーは変わりませんが、例えばEU圏であれば「Cookieの情報収集の承諾」は表示するのが義務だったりするので、やはり同じ要件でそのまま国だけ変えるというのは難しいのだと思います。

また、国ごとに報酬と税金の関係なども異なってくるので、国の変更に再度サイトの審査や申請が必要なのは理解できます。というわけで、もしまだ収益化できていないブログで再申請が必要な場合は一度消さないといけないので精神的につらいですが収益化に向けて国と住所が正確なことは必須条件ですので、是非トライしてみてください! それではまた次回!

《はてなブックマークをお願いします!》

このエントリーをはてなブックマークに追加